小売店によるフランチャイズ加盟でかかる費用

フランチャイズに加盟するときに必要となるお金について

フランチャイズに加盟して開業することによって、本部の強力なブランドネームを借りて営業することができます。すると信頼できる商品やサービスを提供してくれるお店だと認識してもらえるため、お客さんに利用してもらえる確率が格段に高まります。しかしフランチャイズ本部も慈善業者ではありませんから、フランチャイズに加盟し、小売店として開業するためにはたくさんの初期費用が必要です。まずお店を開業するための開業費用が必要になります。そしてそれだけではなくフランチャイズ本部に支払うお金がいろいろと必要です。フランチャイズに加盟する際には本部のブランドやサービスを利用する使用料として「加盟金」を支払うことになりますし、保証金や研修を受けるための研修費も必要です。

初期費用を調達するための手段

以上のようにフランチャイズに加盟して小売店を開業するためには多額の初期費用が必要になります。ですからその初期費用をどこからか調達しなければいけません。初期費用を調達する方法としては自分でお金を貯金する方法と、外部から資金を調達する方法との2通りあります。初期費用を自分で貯める方法としては、将来自分のお店を開業することを目標として、毎月の給料からコツコツとお金を貯めているという人も居ますし、退職金をお店開業の資金に充てているという人も居ます。しかし自分で貯金をしているという人も、すべてのお金を貯金するのは大変という事もあり。金融機関からの融資を受けている場合がほとんどです。とはいえ自己資金の割合は多ければ多いほど、開業してからの運営は楽になります。