小売店によるフランチャイズで押さえるべきポイント

仕入れや配送に関する決定権を確認

独立して自分で店を持とうとするとき、選択肢として小売店を挙げるケースは多いでしょう。これまで自営業の経験がない人が一から店の運営をするのは難しく、安定した経営を望むのであればフランチャイズの利用を検討すると良いかもしれません。フランチャイズを利用すればあくまでも店のオーナーとして運営ができ、利益を自分の収入にできるので大きく稼げる可能性も出てきます。このときに確認しておきたいのが仕入れや配送に関する決定権がどうなっているかでしょう。コンビニなどでは仕入れ先や配送業者が地域によって決められているケースが多く、あまり決定権がない可能性があります。自分で仕入れ商品を決めたいならオーナーにも一定の決定権があるかどうかを確認しておきましょう。

ロイヤリティの計算方法

飲食店であれば全く無名の店舗でもお客さんに来てもらえるかもしれません。小売店を無名で一から運営してもなかなかお客さんが来てくれないかもしれませんが、コンビニをフランチャイズを利用して運営すれば初日からどんどんお客さんが来てくれ売上も順調に伸ばせる可能性があります。ただし売上が伸びても手元に残るお金が増えないときもあるので、きちんと仕組みを理解しておく必要がありそうです。フランチャイズではロイヤリティ―制度を導入しているところがあり、売上や利益の一部を本部に支払う必要があります。毎月一定額の所もありますし、売上や利益の何パーセントとしているところもあります。利益の計算方法もコンビニ独自に行うところもあるので、納得した上で利用を決めなければいけません。